【遺伝子レベルが重要?】筋肉の成長の仕組みと発達に影響を与える要因とは?

よくあるQ&A
筋肉ピエロ
"Smile Now, Cry Later” 痴れ者!曲者!道化者! 良いこと、悪いこと全部ひっくるめて筋トレとサンドバッグにぶつけようぜ! 【強くて・動ける・カッコいい体】を目指そう!力こそパワー! 基本筋肉系、筋トレ系が7割、あと適当3割..!

 

こんちわ!

 

今年は海の家は営業するのか気になって、それ次第では減量の頑張りが変わる筋肉ピエロです( ゚д゚ )

 

他のフィットネス要素と同様に、筋肉の成長には、時間としっかりとした栄養、そして筋肥大を目的とした思慮深い一貫したトレーニングが必要です。

 

このような変化がどれほど早く現れるかは、個人によって異なります。人の体は全く同じではありませんから、同じ速度で筋力や体格が増強されることはありません。

 

スポンサーリンク

筋肉の発達に影響を与える要因

筋肉を大きくするための効果的な方法を理解するためには、まず、筋肉の発達に影響を与える要因を認識することが重要です。

 

筋肉の発達には、「遺伝子型」と「表現型」の2つの要素が関係しています。

 

遺伝子型に関連するサブファクターは、性別と遺伝的構成です。表現型(遺伝子型と環境の相互作用)に関連するサブファクターには、以下のものがあります。

 

  • トレーニング開始時の年齢
  • トレーニング負荷
  • トレーニング期間
  • トレーニングの頻度とトレーニング後の回復
  • トレーニング履歴/子供時代の身体活動
  • 炭水化物とタンパク質の摂取量
  • カロリー摂取量
  • 水分補給
  • ホルモンの影響

 

ジェノタイプ(遺伝と性別)要素を変えたり、修正したりすることはできません。

 

また、加齢に伴うホルモンの変化をコントロールすることもできません(医薬品や医療機関の介入なしには)。

 

しかし、トレーニングを開始する時期、全体的なトレーニングの負荷、期間、頻度、日々の食生活などを決めることはできます。

 

遺伝子型(DNAに組み込まれた遺伝子の設計図)によって、生まれつき筋肉がつきやすい人とそうでない人がいます。

 

一方、そうでない人もいます。遺伝によって、一人当たりの筋肉量の上限が決まります。

 

つまり、筋肉がどれだけ、どれだけ早く成長するかは、自分では変えられない「遺伝子」に大きく影響されるのです。

 

例えば、20歳の男性で、遺伝的なポテンシャルが高く、速筋繊維(成長に最も反応しやすい筋繊維)の割合が多い場合、1ヶ月に約1kgのペースで除脂肪体重を増やすことができます。

 

ウェイトトレーニングの経験を積み、ホルモンプロファイルが変化し、身体が適応してくると、時間とともにその割合は減少していきます。

 

対照的に、異なる遺伝子プロファイルと体型を持つ人は、1ヶ月に約500gの割合でしか筋肉を増やすことができないかもしれません。

 

人が筋肉をつける速度は予測できませんが、適切な食事と適切なトレーニングを行えば、誰もが筋力と体重を増やすことができます。

 

筋力と質量の増加のメカニズム

筋力トレーニングは、特定の生理学的適応をもたらします。

 

筋力トレーニングプログラムの初期段階では、神経適応性と呼ばれる、運動単位の採用数の増加により、顕著な効果が得られます。

 

神経系がより効率的になり、より多くの運動単位が採用されると、より大きな力が生み出されます。

 

このような初期の適応は、しばしば筋肉のサイズアップと誤って解釈されます。

 

しかし、継続的かつ戦略的なトレーニングを行うことで、身体は継続的に適応し、新しい筋肉組織の発達が進みます。

 

これが、質量または筋肥大が観察されるときです。しかし、筋力トレーニングに対する筋肉組織の反応性は、やはり個人の遺伝によって決まります。

 

しかし、筋組織が筋力トレーニングにどれだけ反応するかは、個人の遺伝によって決まります。この適応が見られるまでの期間は、平均して3ヶ月から6ヶ月です。

 

どのようなプログラムが最適か

特に筋肉量の増加に重点を置く場合、以下のタイプのプログラムを推奨しています。

 

なお、サイズと強さを増すための最適なトレーニングテンポは、研究では特定されていませんので、注意が必要です。

 

トレーニングの目標

セット

回数

インターバル

強度

肥大(筋肉の成長)

3-6

6-12

30〜90秒

70-80%1RM

 

さらに体組成を改善するためには、4日間のスプリットやサーキット・ワークアウト(サーキットには有酸素運動の効果もあります)など、ルーチンを変えてみましょう。

 

さらに、高強度インターバルトレーニング(HIIT)の有酸素運動を2、3日行うと、さらにカロリーを消費できます。

 

ウェイトを持ち上げるのが簡単になったと感じたら、重量や強度を増やし、体に挑戦し続けることで、最適な効果を得ることができます。

 

どのようなトレーニング方法であっても、複数の筋群を使う動作(スクワット、ベンチプレス、デッドリフト、ランジ、ローイングなど)を中心に行うようにしましょう。

 

さらに、赤身のタンパク質、野菜、果物、全粒穀物を多く含むバランスの取れた食事を心がけましょう。水分補給を怠らず、糖分や単純炭水化物の摂取量を減らしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました