プル系の種目には必需品の”リストストラップ”でより背中だけに刺激を

こんにちは!背中の厚みを求めて絶賛、試行錯誤中の筋肉ピエロです(゚∀゚)

筋トレしていて目に見える身体の前面などは、意識して効かせることが比較的容易なのですが
背面となるとそれがとても難しくなります。

しかも背中の筋トレはプル(引く動作)系の種目がほとんどなので、背中に効かせるきる前に
握力と前腕が先にヘタってしまうことが見受けられます。

その時に約立つアイテムが【リストストラップ】です。

Sponsered Link

腕の疲れを気にせず、背中を追い込もう!

これさえあれば高重量のデッドリフト、ワンハンドロウなど背中の種目を全てカバーできます

こちらと同じ用途でもっと簡単に使える【パワーグリップ】があるんですが

リストストラップと違いメリットはシャフトに巻く時間が短縮できるぐらいで
パワーグリップでは使用重量にも限界があるのでリストストラップをおすすめします。

しかし、パワーグリップも凄く使いやすくて利便性の高いアイテムです。

リストストラップで全てまかなえますが、普段の背中の筋トレでいちいち巻く手間が面倒くさいと思う方はパワーグリップを主軸に使うのも有りだと思います。

高重量のデッドリフト、ワンハンドロウの時は→リストストラップ

それ以外の背中の種目は→パワーグリップ

などと、使い分けが可能であれば不自由を感じること無くワンランク上の背中の筋トレができます。

トレーニング初心者、握力、前腕が弱いなら使うな!

は?使えって言ったのに矛盾してるじゃん(#^ω^)?

待ってください!怒んないでください!笑
確かにそうなんですが、これにも訳があるんです!

まだトレーニング歴が浅い方や、握力、前腕が弱い方は最初からこれを使ってしまうと
前腕、握力の成長を妨げることに繋がってしまします。

プル系の種目は背中を鍛えると同時に、前腕、握力等の筋力強化に大きく関与するので
しばらくの間は補助アイテムを使わず、素でやり込むのが握力強化、前腕の筋肥大に繋がるので一石二鳥になります。

ある程度、地力が付いた段階でリストストラップ等の補助アイテムを使ってあげると
バチバチ背中に負荷を乗せられる感覚を得られるはずです。

まずは、何も使わない素の状態で効かせ方、負荷の乗せ方、背中の筋肉、肩甲骨の動きをしっかり試行錯誤して身体に叩き込むことから始めましょう!

一から効かせ方などの説明をしたいんですが、こればっかりは十人十色で骨格や筋肉の付き方などの要素で一概に言えないと言うのがあります。

しかし、必ず共通して言えることはありますそれは

・肩をすぼめず、肩をしっかり落とす

・胸を張り、肩甲骨をフル可動域で収縮、ストレッチさせる

・小指と薬指で引くイメージ

・掴んでいる腕はあくまで添えているだけで握り込まず、肩甲骨で動かす

最低でもとりあえず上記のことを意識して行うだけで背中へのパンプ感は変わってきます。

素の状態でこの動きや感覚をしっかり覚えた段階で、扱える重量も前腕等の発達も成長もしていると思うので、そこに初めてリストストラップを付け加えてあげてください、笑えるぐらい背中への負荷の入り方、パンプ感が伝わってきます。

おわりに

背中に効かせるのはメチャクチャ難しいですが、一度その感覚や自分の効かせやすいフォームを確立さえできれば、今までピンポイントに背中に負荷が入らず逃げていた分、筋力向上や
筋肥大を肌で感じるはずです。
男は背中で語るものです!!基本が身についたら便利な道具を使ってどんどん成長していきましょう!

誰かが言っていた名言(迷言?)
「男の敵は男、女の敵は女、そして自分の敵は自分自身」

以上筋肉ピエロでした!ありがとうございましたm(_ _)m


ゴールドジム リストストラップ(ペア) G3500


GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする