ベンチプレスの重量を伸ばすコツは!?140kgを安定してクリア!!

スポンサーリンク

YOUTUBEチャンネル登録してね!筋肉ピエロのYOUTUBEチャンネル

お疲れっす!!大胸筋爆発させている筋肉ピエロです(`・ω・)b

もう増量をやめたいっす。。。笑

常に空腹を避けるために、何かしら口にいれてもぐもぐしているので胃疲れがハンパないです(´;ω;`)

目標体重は85kgなんですけど、今現在の77kgで結構苦しいです(笑)

減量している時は食べたくて食べたくて仕方なかったのに、今は食べたくなくて仕方ないです(´ε` )笑

あ、胃腸の疲れにはもちろんこれです!


【指定医薬部外品】エビオス錠 1200錠

でも、やっぱり体重が増えるとパワーとネバりがメチャクチャ強くなります!

そのおかげでベンチプレス140kgを安定して一発挙げられるようになりました!

いやー、凄い嬉しくて頬が緩みっぱなしでした(笑)

トレーニングライフでベンチプレスは150kgを挙げられたら、とりあえず一つのピリオドかなと思っています。(とか言って180kg挙げたい!きりが悪いから200kg挙げたい!とかに絶対になると思います(笑))

筋トレを始めた当初は、ベンチプレス120kgを挙げられれば十分だ!と思っていたんですけどね(´ε` )

今年は今の所今の所大会に出る予定はないので、そこまで絞るつもりは無いから、増量の1年だと割り切ってしっかり、筋量と筋力を底上げしていきたいと考えています。

最低でもBIG3はベンチプレスなら150kg、スクワット200kg、デッドリフト220kgはぶち挙げたいと思っています!・・・いや、挙げます!!

ベンチプレスの重量を伸ばすコツ!

Sponsered Link

ベンチプレス100kgの壁

先ず鬼門になるのはココだと思います。

その前にも80kgの壁はありますけど、そこは基本となること、しっかり食べて、しっかり全身のトレーニングをして体の神経系を刺激してあげれば、すぐに挙がる重量です。

現に私は、高校二年生の60kgの時にぶち上げています。

もちろんその人の体重によりますけど、80kgから100kgの壁は結構分厚かったなと個人的に思います。

この辺りで一度、ダンベルプレス系の種目をメインに取り入れたりすることで、バーベルと違い不安定なダンベルをコントールすることで、バーベルとは違う新しい刺激が入るのでベンチプレスをメインで取り入れてる人は一度、ダンベル7:バーベル3ぐらいに比重を置いてみてください。

それで意外とあっさり90kgぐらいまではトントンと行くと思います。

その後は90kg1発挙がるレベルになったら、あとは100kgなんて目前です!

しっかり重量とボリュームを意識し続けていきましょう!

私は、筋トレ始めて1年ちょいの高校3年生の64kgの時に100kgを挙げました。

ベンチプレス100kgから120kgの壁

いや~個人的にはココで一番手こずりましたよ(゜o゜;

100kg挙がったら、110kgまでは結構スムーズに挙がると思います!

110kgから120kgは自分にとっては結構二の足踏んだ領域でした^^;

2~3年筋トレほぼやらなかった時期があったんで、尚更厳しかったですね。

この辺りのレベルでチキンレッグ!!の人はしっかり脚、腰をしっかりやってください!

上半身だけ鍛えて、いちばん大事な土台の下半身を避けてやらないなんて論外です!!

上半身だけワンピースのキャラみたいにデカくて、脚はつま楊枝だなんて笑えないです。

何故こんなに口を酸っぱくして言うのかと言うと、自分がそうだったからです。チキンレッグ経験者が語ります!笑

その辺りのレベルの時はスクワットの重量よりベンチプレスのが挙がるとか言う状態でした。

正直スクワット、脚、腰種目をやり込む方が結果的に身体のサイズも筋力も、その他種目の扱える重量がグンッと上がります。

このレベルは全身を満遍なくしっかり重量とセットのボリュームを上げていきましょう。特に、特に下半身。

ベンチプレス110kg~120kgでプラトー(停滞期)を迎えてしまったら一度、リフレッシュも兼ねてスクワット、デッドリフト系の腰、脚種目をガッツリやり込んでいきましょう。

急がば回れですね。そりゃスクワットはキツイですよ、何回吐いたことか・・・。

だけど、キツイからこそやり込み、やり遂げた時に、成果や結果に直結するもんです。

脚は身体で一番大きい筋肉なんで、その分しっかりイジメて、可愛がってあげれば成長ホルモンがドバドバ分泌されるんで、結果的に全身のボリュームや厚みが増します。

このルーティンをきっちりこなせば120kgは挙がります!ビビる重量じゃなくなって自分の支配下に置くことが可能です!

ここでは脱・チキンレッグ!急がば回れが最速のショートカット!

Sponsered Link

ベンチプレス120kg~140kgの壁をぶち壊せ!

この領域は自分もやっと最近ぶち壊せたレベルです!

このレベルは筋トレ中級者を名乗っても良い段階です!(自分が名乗りたい笑)

120kgが挙がると130kgはすんなり迎えることができました。

130kg~140kgは少し時間がかかったかな?って感じです。100kg~120kgよりは全然マシでしたけど。

ここら辺で良くやっていたことは、インクラインベンチプレス、インクラインダンベルプレス、スカルクラッシャー(ライイング・トライセップス・エクステンション)

少し共通して言えることが、胸の上部をメインに刺激してやり、上腕三頭筋を高重量でしっかり潰してやる頻度が増えました。(脚はもちろん引き続き追い込んで)

ベンチプレスだけやっていても胸の上部は基本そこまで発達しないと思います。

でも、インクライン系の種目をメインに胸をやり込んであげてれば、ベンチプレスの重量はほとんどやっていなくても落ちてないはずです。

大胸筋の上部を追い込んでやるセットをメインにして、上腕三頭筋を高重量扱えるスカルクラッシャー(EZバー)で追い込んであげてください。

個人的にはこのインクラインベンチプレス、インクラインダンベルプレス、スカルクラッシャー(ライイング・トライセップス・EX)成長が促されたと思います。

150kg~から先は自分もまだ見ぬ光景の次元なので、早くそのレベルになれるようになって、少しでもコツや参考になる情報を伝えられたらと思います。

才能、センス、骨格、その他なんちゃらで他人に無理だとか否定されても

ウルセー!!と一蹴してやってください!

自分自身が自分自身を認めてやって、止めなければ負けじゃないんです!!負けたら終わりなんかじゃなくて、止めたら終わりなんです!!

歩く速度や進む距離は十人十色で人それぞれなんだから、先を行く上の者、自分の後ろにいる者なんかと比べて一喜一憂して「自分なんか~、、、」とかヘコタレてないで、先ずは、先ずは!自分自身と向き合って、去年の自分!昨日の自分より少しでも!少しでも前に進めていれば上出来じゃないですか!

自分を愛せないやつが、人を愛することなんてできないんだから、自分の成長や伸びしろに勝手に蓋して限界だなんて思わないで!!最後に笑うのは諦めないで、レースを放棄しないで地道に走り続けた亀なんですから!才能やセンスだけで胡座かいてる奴等に最後は嘲笑ってやりましょうよ!

自分を信じて、自分を認めて、自分を誇って、自身を確信に変えてあげましょう!!

根性論や熱いのが苦手な人はスミマセン。でも言魂や引き寄せの法則で前向きにポジティブに物事を捉えられる奴が最後はレース制するんです!

スーパーサイヤ人みたく限界を常に打破してどんどん成長してってやりましょう!

Sponsered Link

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク