【背中・プル系の必需品】より上質な筋トレLIFEを!パワーグリップpro

こんにちは!大会終わって2週間経って既に体重が10kg戻っている筋肉ピエロです(笑)

とりあえず来年も大会の参加を考えていて、来年の2~3月までに目標の85kgまで頑張ってバルクアップしたいと思っています(*^^*)

今日は筋トレに持っていれば重宝して、効率良くトレーニングできる約立つアイテムを紹介したいと思います。

筋トレ中、とくに背中等の引く動作のプル系の種目を行っていると、背中に効かせきる前に
握力や前腕が先に疲弊しちゃうことが見受けられると思います。

その時に約立つアイテムが【パワーグリップ】になります。

以前の記事に用途は同じの【リストストラップ】を紹介した事があるのですが

こちらですね。このリストストラップも非常に良い一品です!
実際これだけでプル系の種目全てカバーできます。

値段も安価ですし、高重量にもしっかり不安なく対応して使用できます。


GOLD’S GYM(ゴールドジム) リストストラップ G3500

リストストラップもパワーグリップも持っていない方は、それだけで背中の筋トレの効率が
ガクンと落ちてしまうので、まずは安価でいて且つ丈夫で何年も使えるリストストラップからどうぞ。

VERSA GRIPPS バーサ パワーグリップ プロ

今日私が声を大にしてオススメしたいアイテムがVERSAパワーグリッププロです!

VERSAはGOLD’S GYM パワーグリップ(POWER GRIPPS)と同じVERSA社が製造しています!

GOLD’S GYM のロゴがデカくてちょっと・・・など、少しでも安くて品質の良い物を求めて入り方にはVERSAのパワーグリッププロの使用を推薦します。

言わずと知れた人気トレーニングアクセサリーです。高重量のバーベルやダンベルを扱う際、握力を必要以上に使わずにバーを持ち上げるストラップの役割と、手の表面を保護する役割を果たす、スグレモノです。

ただ一言これを使いだしてから背中の種目の使用重量や背中の効きの違いがハッキリ分かります。

これを使えばあなたの背中は広くなり、厚くなります。

背中のトレーニングの必需品。

Sponsered Link

特長
●ラットマシーンなどの引く動作で、握力を使わずに背中を鍛えることができます。
●片手で簡単に巻くことができ、手のひらにフィットします。
●マシーンでのプッシュ運動は、手首への負担がなく動作できます。
●プロはクラシックタイプより丈夫で滑りにくいです。
●手のひらにフィットするため、手の平に豆ができにくいです。

装着した感じはこんな感じになります。

ちなみに私はSサイズを使用しています。

XS(手首囲 12.5cm~15.0cm),SM(手首囲 15.1cm~18.0cm)
R/L(手首囲 18.1cm~20.5cm),XL(20.6cm以上)こちらのVERSAの商品の目安となるサイズですので参考程度に活用してください。


GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/M

パワーグリップとリストストラップの違いは?

大きな違いは、実際に私が使用して実感したことは手首への締め付けられる負担手間なく簡単にシャフトやダンベルに巻くことができる利便性だと思います。

特に私が痛感したのは高重量のDL(デッドリフト)など行う際にリストストラップですと高重量になればなるほど、手首への締め付けられる圧迫で痛みを伴うのがネックでした。

パワーグリッププロでは高重量でも手首への負担も限りなく最小で、且つ壊れるような様子は全く無く丈夫そのものです!

ちなみにトップサイドデッドリフトで260kgで引いても全く手首、製品自体に問題はありません!これからどんどん重量上がっても壊れるような兆候は見受けられないほど頑丈です。

Sponsered Link

そしてリストストラップと違うもう一つの点は、シャフトやマシンなどにすぐに巻きつけやすい簡単なところです。

リストストラップと違いセットに毎回入る度に巻きつけるストレスが無くなるので
自分的にはこちらも大きなポイントでした。

リストストラップも非常に良いアイテムです!実際私は何年間もお世話になりましたし
それでいて未だに、綺麗な状態で丈夫なことを示してくれています。

リストストラップもパワーグリップも両方持っていないと言う方と、筋トレ歴が浅い方には
私はリストストラップを勧めます。

非常にガッチリ巻きつけられて固定できるので、パワーグリップと併用できます。
現にワンハンドロウなどの種目では私はパワーグリップを使わずリストストラップを使用しています。

おわりに

背中のレベルをもう一段、二段と引き上げてくれる素晴らしいアイテムですので、ある程度の重量まで達したらこれらのアイテムを使用することをオススメします。

誰かが言っていた名言(迷言?)
「共に鍛え、共に喜び、共に笑い、共に泣く、いついかなる時も決して裏切ることのない唯一無二の親友、それが筋肉さ。 」

以上筋肉ピエロでした!ありがとうございましたm(_ _)m

Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする