【元気の前借り?超神水?】プレワークアウトサプリメントは実際に効果があるのか?

人工的なサプリメント,体に悪いサプリメント
ピエロキ
"Smile Now, Cry Later” 痴れ者!曲者!道化者! 良いこと、悪いこと全部ひっくるめて筋トレとサンドバッグにぶつけようぜ! 【強くて・動ける・カッコいい体】を目指そう!力こそパワー! 基本筋肉系、筋トレ系が7割、あと適当3割..!

 

おつかれっす!

 

今年は皆さんにとって筋肉が成長した良い年になりましたか?

 

コロナ禍でなければフィジカルもメンタルもパンプアップした1年になったはずなのに(´ε` )

 

さて、今日は記事でもよく紹介していますし、個人的にはあった方が良いと思うサプリメント【プレワークアウトサプリ】について話していこうと思います。

 

運動能力を向上させ、運動時の効果を高めることを目的としたプレワークアウトサプリメントは、ジム通いやアスリート、ボディビルダー、トレーナーの間で人気を集めています。

 

人によっては、これらのプレワークアウト製品が実際に機能するかどうか、それともただの過大評価のなのか疑問に思うと思うので掘り下げてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

サプリメントの業界・産業

プレワークアウトサプリメントのメーカーは、ビタミン、ダイエット、および他の栄養補助食品を生産するもののように、主に米国食品医薬品局(FDA)によって規制されていません。そのため、医薬品メーカーに求められるような厳格な研究基準の負担を受けることはありません。

 

あなたが服用しているシンプルなアスピリン(風邪薬)でさえ、さまざまな集団の中で、またさまざまな医学的状況の中で、どれだけ安全で効果的かを評価するための厳格な試験を受けています(そして現在も受け続けています)。

 

このどれもが、医薬品として分類されているのではなく、特別な食品カテゴリーの下に置かれているサプリメントに求められているものではありません。

 

FDAはラベリングと広告のガイダンスを提供していますが(主に製造業者に何を言わないかを伝えています)、最も法外な主張だけが規制当局によって異議を唱えられる傾向があります。概して、サプリメントがあなたの健康、気分、またはパフォーマンスをどれだけ改善するかを含む利益の提案は、主張を裏付ける証拠がほとんどない場合でも、めったに異議を唱えられません。
 
これは、市場に出回っている栄養補助食品(サプリメント全般)が有益ではないということではありません。しかし、時間をかけて製品を研究し、メーカーの言葉の1から10を額面通りに受け入れないことが重要です。
 
 

プレワークアウトサプリメントの成分

プレワークアウトサプリメントには通常、独自の成分ブレンドが含まれています。メーカーは独自のブレンドがエネルギーブーストの原因であると主張していますが、話題を生み出す成分は常にカフェインだけです。

 

当然のことながら、プレワークアウト用のサプリにはカフェインが多く含まれています。

 

実際、売れ筋のブランドの中には、1回の摂取量に約400ミリグラム(mg)を含むものもあります。これは、コーヒー 4 カップを飲むのと同じです。多くの一流ブランドでは、1回の用量あたり150mgから300mgの範囲である。

 

主にプレワークアウトサプリメントにはクレアチンL-アルギニンβ-アラニンタウリンベタインなど、アスリートやボディビルダーが定期的に使用する他の成分が含まれています。

 

その他には、コーヒー豆の1グラムあたり2倍の量のカフェインを含む植物ベースの覚醒成分であるガラナが含まれます。

 

いくつかの成分の使用を支持する経験的証拠がありますが、他の成分は事例証拠によってのみ支持されています。

 

カフェイン

カフェインは運動に関係なく、代謝率を高め、持久力を改善し、疲労を軽減することが知られています。

 

 また、中枢神経系を刺激し、より生産的で集中力のある効果的なトレーニングのために脳機能を強化します。

 

最良の結果を得るには、カフェインを低用量から中用量(体重1キログラムあたり約3グラム)で摂取する必要があります。体重が150ポンド(68キログラム)の人の場合、これは約200 mg、つまり2杯のコーヒーに相当します。

 

 

クレアチン

クレアチンは、最も人気のあるボディビルのサプリメントの一つであり、その効能は研究によりはっきりと確認されています。

 

クレアチンは、アミノ酸から合成され、スプリントやパワーリフティングのようなエネルギーの迅速なバーストを有効にするために筋肉組織に濃縮されています。

 

研究のレビューによると、クレアチンサプリメントは、筋肉の成長、強さ、および高強度インターバル トレーニング (HIIT)の間のパフォーマンスを促進するのに有効です。

 

推奨されるクレアチンの投与量は、5〜7日のサイクルで段階的に摂取する5グラムで、サイクルが再開する前に7〜14日間休止します。ほとんどの専門家は、摂取量をより適切に制御するために、多成分サプリメントの一部としてではなく、クレアチンを単独で摂取することを推奨しています。
 
 

 
 

L-アルギニン

L-アルギニンは、タンパク質の合成に必要な分岐鎖アミノ酸の一つです。L-アルギニンはまた、一酸化窒素、より良い血流と酸素のためにあなたの血管をリラックスさせる化合物を作成するための中心的な役割を果たしています。

 

これらの代謝機能にもかかわらず、サプリメントで運動能力を向上させることができるという主張をサポートする科学的根拠はほとんどありません。

 

 
 

β-アラニン

β-アラニン(β-アラニンとしても知られている)は、肝臓で生成される天然のアミノ酸で、神経信号機能を促進します。いくつかの研究では、サプリメントを摂取することで、神経筋疲労の発症を遅らせ、運動能力を向上させる可能性があることが示唆されています。

 

その一方で、ベーターアラニンのサプリメントは神経細胞を過剰に刺激し、麻痺として知られるチクチクとした感覚を引き起こすことがあります。この副作用の発生率は用量によって異なるため、より良い摂取量をコントロールするためには、個々のサプリメントを摂取した方が良い場合が多いです。

 

 

タウリン

タウリンは、脳、筋肉、臓器組織に見られる最も豊富なアミノ酸の1つです。それは神経伝達物質として機能し、細胞膜を安定させ、体全体の栄養素の輸送を調節します。

 

タウリンは代謝機能を維持するために不可欠ですが、運動能力の改善においてサプリメントが果たす役割に関しては相反する証拠があります。研究によると、タウリンとカフェインの併用は、筋肉の疲労を遅らせるのではなく、実際に加速させる可能性があります。

 

 

ベタイン

ベタインは、脂肪を処理し、正常な肝機能を維持するのに役立つアミノ酸です。2013年に実施された小規模な研究では、ベンチプレスとバックスクワットのトレーニングを6週間行った23人を対象に、ベタインの補給によって体組成、筋肉の大きさ、作業能力が改善されたことが示唆されています。

 

プレワークアウトサプリメントの効果

プレワークアウトサプリメントは、高レベルのカフェインを摂取するだけで運動パフォーマンスを高めます。成分を組み合わせて使用することで、身体的または健康的な結果を改善するような方法でパフォーマンスが向上するという証拠自体は研究で確認されてはいないみたいです。

 

さらに、研究によると、その製品は科学的根拠に欠けているだけでなく、健康上のリスクをもたらす可能性があることが示されています。これらのリスクは、高血圧、心臓のリズムに問題のある人、糖尿病、または糖尿病前の人に高くなります。

 

運動パフォーマンスに関しては、プレワークアウトサプリメントが筋肉の血流を増加させることができることが研究で示唆されていますが、高強度のトレーニング(80%以上の運動負荷)の場合にのみ有効です。

 

プレワークアウト用のサプリメントの中には、分岐鎖アミノ酸(BCAA)が含まれているものもあります。BCAAが回復力を向上させるという証拠はありますが、プレワークアウト・サプリメントとして摂取することがパフォーマンスの向上や筋肉の増強に役立つかどうかは明らかになっていません。

 

筋肉ピエロのプレワークアウトサプリの使用感としては

まず始めに私自身が実際に使った感じとしてはプレワークアウトサプリメントは、『自分はあった方が良いと思います』。

 

あくまで個人としての感想ですが、自分の筋力やトレーニンニングの質・強度・集中力を上げてくれたサプリメントの1つであることは、私自身の体が確実に体感した結果なのは間違いないです。

 

ドラゴンボールに出てくる超神水みたいな物だと勝手に思っています(笑)

 

体に合えばとことんトレーニンニングのクオリティが上がることは間違いないし、レベルと言うか、ステージが1,2段階上がるのは実感できると思います。

 

ただし、トレーニングの度に毎回飲むものでは無いかなと思います。

 

元気の前借りではないけど、筋トレを終えた後の脱力感と無気力感の反動が結構でかいです。

 

逆に言えば、それほど濃いトレーニングができると言うことになりますよね。

 

ただし、筋トレ行く度に毎回飲むのではなく、ここぞ!と言うときや、まずは週に1~2回ぐらいに留めておくのが賢明かなと思います。

 

最後に言いますが、私の停滞期(プラトー)を打破したりレベルを上げてくれたのは【クレアチン・プレワークアウトサプリ(NO)・グルタミン】であることは誰がなんと言おうと、自分自身が効果の恩恵を感じているし、確信していることは間違いないです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました