【肉体改造】理想の体作りのためには、どのくらいの量のプロテインを摂取すれば良いのか!?

よくあるQ&A
筋肉ピエロ
"Smile Now, Cry Later” 痴れ者!曲者!道化者! 良いこと、悪いこと全部ひっくるめて筋トレとサンドバッグにぶつけようぜ! 【強くて・動ける・カッコいい体】を目指そう!力こそパワー! 基本筋肉系、筋トレ系が7割、あと適当3割..!

 

お疲れさまです!

 

最近、鏡に映る姿がさずがにデブすぎて、気持ちが減量モードに成りかけている筋肉ピエロです( ゚д゚ )

 

今日はトレーニングを行っているならば尚更欠かせない「タンパク質」の摂取方法について解説したいと思います。

 


 

たんぱく質は多量栄養素であり、体に必要な量が多いということです。

 

また、タンパク質は健康面でも優れた効果を発揮します。

 

だからといって、バケツ一杯のプロテインパウダーを購入したり赤身の肉を冷蔵庫に入れたりする必要はありません。

 

推奨されるタンパク質の摂取量は年齢や毎日の運動量などによって異なります

 

タンパク質の摂取に関しては、多ければ多いほど良いというわけではありません過剰な摂取は健康な体を維持するためには不必要です。

 

残念なことに、現在のサプリメント市場には数多くのプロテインの販売により、多くのボディビルダーやアスリート、アクティブな人が1日の必要量を超えて摂取するようになっています。

 

最適なフィットネスのためにはすべての多量栄養素を考慮する必要がありますが、プロテインの摂取量とその機能を理解することが重要です。

 

スポンサーリンク

タンパク質の働き|機能について

タンパク質は、私たちの体に数多くの健康効果をもたらすアミノ酸の鎖で構成されています。

 

それぞれのタンパク質分子は、特定の仕事をしています。タンパク質は、体の細胞、組織、器官の構造、機能、調節を担っています。

 

タンパク質は人体のあらゆる細胞を構成する重要な成分です。私たちの髪や爪は、ほとんどがタンパク質で構成されています。タンパク質は、組織の構築や修復、酵素やホルモン、その他の体の化学物質を調節するために必要とされています。タンパク質は、骨、血液、皮膚、軟骨、筋肉の構成要素として重要な役割を果たしています。
 
 
タンパク質は体内に蓄積されずブドウ糖や脂肪が不足している場合にのみエネルギー源として利用されます。
 
 
他の必須栄養素である炭水化物と脂肪は、生活や運動に必要なエネルギー源となります。
 
 
タンパク質は主に食事から摂取するため、多くの人は一日中大量に摂取することが最適なフィットネスのための解決策だと考えていますが、実際にはそうではありません。これは単純に真実ではありません。
 
 

必要なタンパク質の量

タンパク質の必要量は、除脂肪筋肉量を作成する能力の成功したマーケティングの主張のためにしばしば誤解されています。重要なのは、個人単位で消費されるタンパク質の質と量です。

 

1日の推奨摂取量を超えるタンパク質の摂取量は、論争の的となっており、常に見直しが行われています。

 

国際スポーツ栄養学会は、1.4 – 2.0 g/kg/日タンパク質摂取量は、身体活動的な個人のための安全なだけでなく、運動トレーニングへの適応性を向上させる可能性があります “をお勧めします。

 

この声明は、定期的な運動に従事し、栄養密度の高い、バランスのとれた食事をしている個人に基づいています 研究もアクティブな個人やアスリートは、追加のタンパク質摂取量の恩恵を受ける可能性があることを示しています。

 

自分の必要性を満たす

プロテインの必要量は人によって異なります多くの人が鶏肉を大量に食べ、プロテインシェイクを飲んで、プロテインバーを食べれば魔法のように筋肉がつくと信じたいと思っていますが、そうではありません。

 

筋力トレーニングをすることが除脂肪筋肉を作ることになりますプロテインの役割は、このトレーニングによって生じたダメージを修復することです。運動とプロテインの摂取が一体となって筋肉を成長させるのです。

 

現在、医学研究所によると、1日の推奨プロテイン摂取量は、体重1キログラムあたり0.8グラムです。

 

例えば、体重70kgの活動的でない成人男性の場合1日に58グラムのタンパク質が必要です。

 

子供の推奨一日摂取量(RDA)は、体重1キログラムあたり1.5グラムのタンパク質です。高齢者では0.8~1.5グラムスポーツ選手では1.2~2.0グラムです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました