【ダブルスプリット】1日に2回の筋トレは本当に効果があるのか?実は筋肉の分解を早めてしまう!?

Sponsor Link
筋トレ

こんにちは!結局今年も絞って大会に出ることになりそうな筋肉ピエロです(^q^)

 

今日は筋トレのテクニックであり、上手く活用できれば効果抜群のダブルスプリットについて話していこうと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハリウッドスターなども行っていたダブルスプリット

自分の周りでも、忙しくて安定してジムに行けない人も結構行っています。

 

そもそもダブルスプリットと言うのは2つに分けるという意味で

 

何を分けるのかと言うと、トレーニングを1日に2回やるという意味です。

 

3回やったらトリプルスプリットと言うことにもなるんですけれども、これはアーノルド・シュワルツェネッガー辺りから流行ってきた方法でして、午前中トレーニングして午後は別のトレーニングをするのを毎日やっていくという方法が、アーノルド・シュワルツェネッガーの時代によく行われていました。

 

それで一定の確かな効果が出ていたと思われます。ですがなかなか普通の仕事をやっている人にとってはダブルスプリットはやるのが難しいのは確かです。

 

あまり仕事をしていない人とか自由業の人やフィットネス関係のそういった人の場合であればダブルスプリットもひとつの選択肢にはなってきます

 

ダブルスプリットはオススメしない!?

ただし、あまり筋肉の発達という点ではダブルスプリットは良くはないです。

 

何故かと言うとトレーニングすることによって、どうしても筋肉を分解させてしまうホルモンが出てきてしまうのです。

 

筋肉を動かす時にエネルギーが必要になりますから、そのエネルギーを作るために筋肉を分解するホルモンが出てきてしまいます。

 

それが1日2回起こるわけなのでダブルスプリットですと、あるアスリート選手を対象にした研究によると、筋肉を分解するコルチゾールというホルモンが試合が終わって12時間後とか24時間後とかにそのコルチゾールのレベルを計測したのですが、実は試合が終わって60時間経ってもコルチゾールは高いままだったのです。

 

つまり、3日ぐらい休んでも筋肉の分解が進んでいたと言うことなんです。

 

これが60時間後も続くということになると、もしそれをダブルスプリット、1日2回も行ったらどうなるかと言うのは考えなくても分かると思います。

 

どんどんどんどん、筋肉が分解してしまいます。ですから例えばどうしても忙しくて週1しかできないとか、この日しかトレーニングが出来ないような場合はダブルスプリットをやるのは致し方ないと思います。

 

もちろん出来れば1日に2回とかは止めて更に言うのであれば、トレーニングの2日3日など連続でやるのも極論を言うと宜しくはありません。

 

トレーニングをしたらその次の日は完全休養させるというような感じで、しっかり休ませることによって筋肉の分解を防ぐこと筋肉を発達させるためにはとても重要になってきます。

 

休むのも筋トレなのでそういう訳でもダブルスプリットはあまり大きな声でお勧めはできないんですけれども、どうしても週に1、2回しかトレーニングを出来ない人だけに関しては取り入れてみるのも有りだと思います。

 

普通に週3回以上トレーニングを行えている人は、ダブルスプリットは控えるようにした方が良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました