筋力低下について知っておくべき全ての事とは!?筋肉を鍛えるには、筋肉を疲れさせることが一番なのか?

よくあるQ&A
ピエロキ
"Smile Now, Cry Later” 痴れ者!曲者!道化者! 良いこと、悪いこと全部ひっくるめて筋トレとサンドバッグにぶつけようぜ! 【強くて・動ける・カッコいい体】を目指そう!力こそパワー! 基本筋肉系、筋トレ系が7割、あと適当3割..!

 

お疲れさまです!

 

ゲノム編集でDNAをイジって超人になりたい筋肉ピエロです( ゚д゚ )

 

筋力低下とは、筋肉が同心円状に収縮できなくなるところまでウェイトを持ち上げることです。つまり、筋肉が次の反復を行えなくなることです。

 

普通の運動をしている人は、完全に故障するまでトレーニングすることはありません。

 

ボディビルダーやパワーリフター、競技用筋力トレーニングに携わっている人、あるいは筋肉を大きくすることを目的とした人たちです。

 

失敗するようなトレーニングの利点と欠点を考慮して、自分に合っているかどうかを判断してください。

 

スポンサーリンク

ケガや失敗しないためのトレーニングとは?

体が筋肉を作る方法は、現時点で楽に処理できる重量よりも多くの重量を持ち上げることです。

 

筋肉に過負荷をかけることで、筋肉はより多くの筋繊維を成長させ、より大きな重量を扱えるように適応します。

 

過負荷の究極の形は、運動単位と筋繊維の最大数を動員する瞬間的な筋不全へのトレーニングですそのため、多くのボディビルダーはこの種のトレーニングを使用しています。

 

だからこそ、多くのボディビルダーがこの種のトレーニングを行っているのです。

 

しかし、これが常に筋肉をつけるための最良の方法であるという意見はありません。

 

疲れるまで、できるだけ多くの回数を、正しいフォームで行うことです。そして、最後の1回をやり遂げるのがやっとの状態まで続けることです。このとき、不快に感じるかもしれません。例えば、重りを頭から落とすようなことはしませんが、フォームが崩れていることを認識し、その時点で止めましょう。
 

想定される欠点

男性でも女性でも、ボディビルダーでもそうでなくても、重い重量を持ち上げることは重要ですが、失敗するまでのトレーニングが常に正しいとは限りません。

 

いくつかの欠点があるのです。

 

  • 使いすぎによる怪我につながる可能性がある。これを何度も繰り返すと怪我やオーバートレーニングの危険があります。

 

  • 必要ないかもしれません。完全な失敗をすることが、本当に大きな筋肉を作るのに最適な方法かどうかについては、まだ審査が行われていないのです。

 

  • より多くの休息時間を必要とします。ハードに働けば働くほど、休息が必要になり、一般的な運動量は減ります。つまり、運動量が減ってしまうのです。筋力トレーニングにおいて運動量は重要な要素です。

 

  • 失敗するようなトレーニングは痛い。運動をするたびに筋力低下に達するのは本当に大変なことです。体にも心にも負担がかかりますし、競技に参加するようなモチベーションがない限り、自分を追い込むことは難しいでしょう。

 

効果的なトレーニングを行うためのヒント

常に筋肉を破壊するトレーニングを行うのではなく、一部のエクササイズやワークアウトで行うことを検討してみてください。

 

これは、ワークアウトを周期化し、トレーニング強度と故障までのリフティングに取り組むサイクルと、ボリュームに重点を置き、完全な故障までのトレーニングを避けるサイクルに焦点を当てる方法です。

 

また、通常のトレーニングに失敗トレーニングを組み込むこともできます。

 

筋群やエクササイズ(腕立て伏せ、上腕二頭筋カール、上腕三頭筋ディップなど)を選び、どこまでできるかを確認するのです。

 

しかし、失敗するほどでなくとも、ウェイトリフティングは体に良いことをやっているのだということを忘れないでください。

 

↓筋力アップには絶対飲んでおきたいサプリメントはコチラから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました