【脂肪吸引?運動?食事制限?】セルライトについて知っておきたい事とは?

よくあるQ&A
ピエロキ
"Smile Now, Cry Later” 痴れ者!曲者!道化者! 良いこと、悪いこと全部ひっくるめて筋トレとサンドバッグにぶつけようぜ! 【強くて・動ける・カッコいい体】を目指そう!力こそパワー! 基本筋肉系、筋トレ系が7割、あと適当3割..!

 

お疲れさまです!

 

7月が終わり、もう8月になってしまいました…遊び倒すにはあまりにも短すぎるとクレームをいれたい日焼けピエロです( ゚д゚ )

 

カッテージチーズ。オレンジピール。えくぼ。これらは、皮膚の下に蓄積した脂肪であるセルライトに付けられたニックネームのほんの一部です。

 

セルライトは、皮膚の下にある結合組織(コラーゲン)の構造によって、ゴツゴツとしたデコボコした見た目になります。

 

下に沈んだ脂肪が結合組織の層を押し広げると、皮膚にくぼみができます。

 

セルライトは、通常、太もも、お尻、お腹、腕などに見られ、痩せている人だけでなく、太っている人にも発生します。

 

男女ともに発生する可能性がありますが、ホルモンの変化により、女性に多く見られます。

 

スポンサーリンク

セルライトの原因は何か?

太っている人、普通の人、痩せている人、すべての人にセルライトができる可能性がありますが、体組成はセルライトの有無と見た目の両方に影響します。

 

体脂肪率が高く、除脂肪体重が少ない人は、セルライトができやすいと言われています。

 

その他のセルライト発生の要因としては、以下のようなものがあります。

 

  • ホルモン(エストロゲン・・・女性は加齢とともにエストロゲンの分泌量が減少します。このホルモンは、血管の流れをスムーズにする働きがあります。エストロゲンが減ると、血行が悪くなり、新しいコラーゲンの生成が減少します。

 

  • 喫煙 – 喫煙は血管の流れを悪くし、コラーゲンの形成を弱め、乱すため、結合組織が引き伸ばされてしまいます。

 

  • 運動不足 – 座りっぱなしの人は、除脂肪体重が少なく、体脂肪が多い傾向にあります。体重や体脂肪が増えると、皮膚の下にある脂肪を押してしまい、凹んだような外観になってしまいます。

 

  • 脱水症状 – 脱水症状が直接セルライトの原因になるわけではありませんが、脂肪の生成を増加させる他の変化を引き起こす可能性があります。人は通常、喉の渇きを感じる前に空腹を感じ、時間の経過とともに摂取カロリーが増えることで体重増加につながります。また、脱水症状は、脂肪を分解して老廃物として排出する循環系の機能に影響を与えます。

 

  • 皮膚の厚さと色 – セルライトは、皮膚が薄い人や肌の色が薄い人に顕著に見られます。

 

セルライトの解消方法とは?

セルライトに悩まされている人の多くは、早く解消したいと思っていることでしょう。

 

クリームやラップなど、セルライトを減らすことを約束する商品は数え切れないほどありますが、その効果は一時的なもので、一般的には体の中の水分を取り出して膨らみを抑えていることが原因です。

 

脂肪吸引は、皮下脂肪(セルライト)ではなく、深部の内臓脂肪を除去する外科手術であり、実際にはセルライトの見た目をより強調してしまいます。

 

2012年、米国食品医薬品局(FDA)は、セルライトのレーザー治療を承認しました。

 

これは、脂肪と結合組織を溶かし、コラーゲンの生成を促進する侵襲的な処置です。

 

これは、脂肪や結合組織を溶かし、コラーゲンの生成を促す侵襲的な治療法で、ダウンタイムは最小限に抑えられますが、費用はかなり高くなります(1回あたり数十万円)。

 

最近、CoolSculptingという非侵襲的な機器がFDAに承認されました。

 

CoolSculptingは、脂肪細胞を凍らせて、体が自然に排出する仕組みになっています。

 

これもまた高価な治療法であり、一部の医師は、体内に流入した大量の脂肪を処理・除去する肝臓の能力を疑問視しています。

 

食事と運動

しかし、セルライトを安全かつ永続的に減少させ、予防するには、昔ながらの食事療法とエクササイズが唯一証明されている方法であると考えられます。

 

ダイエット

バランスのとれた植物性の食事は、体内の炎症を抑え、体重減少を促します

 

果物、野菜、全粒穀物、健康的な脂肪、脂肪分の少ないタンパク質を中心に、水や緑茶、ハーブティーなどで水分補給をすると、体に栄養が行き渡り、新しい脂肪細胞ができるのを防ぐことができます。

 

ただし、摂取カロリーが排出カロリーを上回らないようにしてください。

 

ファーストフード、加工・精製された食品、高糖分の食品や飲料は避けましょう。水分補給のために水筒を持ち歩くようにしましょう。

 

エクササイズ

体脂肪を減らし、セルライトを目立たなくするには、定期的な運動が重要です。

 

有酸素運動と筋力トレーニングの組み合わせが最も効果的であることがわかっています。

 

研究によると、成人が週3回、30分の有酸素運動を8週間続けた場合体重は約2kg減少しましたが、筋肉は増えませんでした。

 

代わりに有酸素運動と筋力トレーニングをそれぞれ15分ずつ行ったところ、脂肪が4.5kg減り、筋肉が1kg増え、全体的な体組成が改善されました。

 

ウォーキング、ランニング、サイクリング運動などの有酸素運動は、最大心拍数の60%以上の心拍数で行うことで、より多くのカロリーを消費し、より多くの体脂肪を燃料源として使用することができます。

 

持続的心拍数トレーニング高強度インターバルトレーニング(HIIT)は、蓄積された脂肪をより多く燃焼させるための体の適応を示しています。

 

筋力トレーニングは、新しい筋肉組織を作るのに役立ち、それによって代謝率が高まります。

 

筋力トレーニングは、ウェイトトレーニングでも自重トレーニングでも、筋肉を引き締め、皮膚を引き締め、セルライトを目立たなくする効果があります。

 

最重要事項

セルライトはきれいなものではありませんが、健康に害を及ぼすものではありません。

 

コントロールできない要因(年齢、ホルモン、遺伝)もありますが、体脂肪を減らし、代謝を上げるようなライフスタイル(水分補給、適切な食事、定期的な運動、禁煙)を心がけることで、セルライトの見た目を減らし、形成を防ぐことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました