【ご飯を食べてすぐに寝ると太る!?牛になる!?】夜に食べても体脂肪になりにくい方法とは?

減量・ダイエット

お疲れ様です!

 

姿勢を変えた時にいきなり胸が攣って悶絶した痙攣ピエロです(´ε` )

 

今日は寝る前の食事は太るのか?についてお話したいと思います。

 

自分も仕事で遅くなって直ぐにジムに行く日なんかは寝る直前になっちゃいます(^_^;)

 

スポンサーリンク

夜中の食事が太ると言われている理由

ちょっと入れ込んで減量やダイエットの事について調べたことのある人でしたらご存知だと思うのですが、BMAL1(ビーマルワン)と言う時計遺伝子について聞いたことがあると思います。

 

このBMAL1と言うのは夜中に増えます、夜中に増えてそれが脂肪を増やしてしまうので夜中に、寝る前に食べてしまうのはよく有りません。

 

みたいな事が言われているのですが、実際のところBMAL1はそこまで関係ないのです。

 

エビデンスや論文を読んでみますと、BMAL1と言うのは肝臓の脂肪を増やしてしまったと言うような報告があり、体脂肪自体が増えたのかどうかはあんまり触れられていません

 

なのでBMAL1が多くなるから寝る前の食事は太りやすいということにはあんまり根拠がないです。

 

じゃあ寝る前に食べて平気なの?

Sponsered Link

実際に寝る前に食べるとどうなるかという事については、実はグリコーゲンの量がとても関係してきます。

 

体内のグリコーゲン、筋肉とか肝臓とか血中とかにグリコーゲンが溜まってくるわけなのでそれが少ない状態であれば食べても大丈夫です。

 

つまりどういうことかと言うと、夜にトレーニングしてグリコーゲンを使い切りその後に食事をしても食べたものはグリコーゲンの回復に使われ体脂肪の増加の方にはまわっていかないです。

 

逆に全くトレーニングをしていないでそのまま夜遅くに食べてしまう、それも普通に朝と昼もいっぱい食べてある程度グリコーゲンが残っている状態。

 

グリコーゲンが残った状態で寝る前にいっぱい食べてしまうとグリコーゲンが溢れてしまいます。それが結果的に体脂肪となってしまうのです。

 

これがもっと早い時間、例えば朝とかでしたらいっぱい食べても日中活動している間にグリコーゲンが使われるので、体脂肪が増えるということは無いです。

 

夜寝る前だとあとは眠るだけで全然動かないのでグリコーゲンは減っていかない。

 

ですので寝る前にまとまった量を食べてしまうと結果的に太ってしまうことになります。

 

食事は運動の前後がオススメ

ただし何回も言うのですが、その前に運動してグリコーゲンが減っていれば太るということにはなりません。

 

色々な研究で例えば、夕食で炭水化物を摂取したほうがむしろ太らないみたいな話もあったりするんですが、その辺りはその人の体内のグリコーゲンの状態がどうなっているかと言うことが1番大事になってきます。

 

なので、まずはトレーニングや運動をいつするかと言うことから内容を決めていくべきだと思われます。

 

そしてとても大事なのは、運動をする前と後に糖質を摂取する。

 

そうすればグリコーゲンが一杯ある状態でトレーニングができ、そしてトレーニングでグリコーゲンが使われてもその後に食事をして体脂肪ではなく体のグリコーゲン回復に栄養を持っていくことができます。

 

トレーニングの近い時間帯で食事、栄養を摂ってあげるトレーニングから離れたタイミングでは糖質の量を減らす、あんまりグリコーゲンが溢れないようにコントロールすることが大事になります。

 

なので、必ずしも寝る前に食べれば太ると言うわけではなくグリコーゲンの存在が大事だと言う話でした!

 

仕事やプライベートやジムなどの色々な要素が絡み合い、毎日一定の規則正しいライフスタイルを送るのは難しいですが、頭の片隅にでもこうしたテクニックや方法を知っていれば上手くコントロールはしやすいかなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました