身体

スポンサーリンク
未分類

【肉体改造】5月から8月までのbefore after【減量結果】

こんにちは!8月なのに雨だらけの悪天候が続いていて意気消沈中の筋肉ピエロです(笑 とりあえず今回一度、減量前と今現在までのbefore afterの画像をお見せしたいと思います。 減量自体は10月の大会が終わるまでは、引き続き調整して行っていく次第です。
栄養

痩せるメカニズム、太るメカニズムの仕組みを知ろう!!

身体の基本的な仕組み ①食事と運動体は水分が約60% 脂肪が約18~24% 筋肉・骨など約20%で構成されています。 医学的基準としては 脂肪:30%~軽度肥満・35%~中度肥満・40%~高度肥満とされています。
身体

【使える筋肉?使えない筋肉?見せ筋?】誰もが一度は聞いたはず

誰もが言われたり、もしくは言ったことがある 【使える筋肉?】【使えない、動けない筋肉?】【見せ筋?】【どこ目指してるの?】 などなど、純粋に知識がないので聞いてくる方と、嘲笑したく皮肉を言いたいだけの悪意ある者などと、必ず一度はトレーニーなら見に覚えのあるワードだと思います。
スポンサーリンク
栄養

増量期でも減量期でもとても大切な食事管理

トレーニング以上に辛くて、そして味とか美味しさなどは二の次で身体、筋肉の為の作業的なエネルギー摂取になるのでとても骨身にしみます・・・ 食事の管理は1日通して管理するのはとても難しいと思います。 ただ摂取すれば良いのではなく、減量時には特に摂取する物にもこだわらなければなりません。
身体

【体づくりの悩み】痩せたいから食事を減らす?たんぱく質だけで筋肉はつく?

とにかく痩せたい!食事を取らないのが良いですか? まず初めに絶対にダメです!断食したり極端に減らすダイエットや減量は、筋肉量だけが減ってしまい、体脂肪や贅肉だけが残ってしまう恐れが大いにあります。消費カロリーが摂取カロリーより少なければ体重が増加して、消費カロリーより摂取カロリーが多ければ体重は減る、当然ですよね。
筋トレ

【筋肥大・最大筋力】を効率よく効果的に付ける筋トレメニュー

筋トレやってる方全員が筋肥大を目的にしている訳では無いかと思いますが、「健康のため」「細マッチョが良い」「筋力だけ強くしたい」などと色々思惑はあると思います。私が軸に掲げているコンセプトが「強くて」「動ける」「カッコイイ身体」を目標にしています
身体

筋肉を休ませるのも大事な筋トレの1つ

靭帯や関節の保護のためにも休息を、筋肉は平気だとしても、確実に靭帯や関節にはダメージは蓄積されているので、そのケアとしても必ずまるまるオフの日を最低でも1日は設けましょう。
身体

【ストレッチ】柔軟性の大切さと必要性と効果

皆さん日頃から筋トレやトレーニングに日々精進されていることかと思います。ただ、そんな方々でも「ストレッチ」はつい、二の次にしがちでは無いかと思われます。関節の可動域が広がれば、怪我の予防、コンディションの維持・向上、筋肥大の足掛けにも繋がるのでストレッチをやらない理由は無いかなと思われます。
身体

【ご褒美?】筋肉痛の時に気をつけたい2つのポイント

普段からよく使う部位などは比較的、筋肉痛になりづらく、筋肉痛になったとしてもすぐにその疲労は抜ける感じがします。 逆に普段あまり使わない場所や弱い部位は、少しの運動や刺激でも筋肉痛になりやすいです。
栄養

ビタミン・ミネラルと言う大事な栄養成分

ビタミン・ミネラルは全ての人に欠かせない健康の維持とパフォーマンスを出すために必須の栄養素です、ビタミンが体内でどんな作用するのか、体にとってどんな影響を与えるのかを知っておくと、健康的な体づくり、理想のボディメイクの組み立てにとても役に立ちます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました