理想のなりたい身体になる為に体の仕組みを知ろう

身体組成を知っておくことで栄養素の働く場所も分かってきます。
なりたい体を得るためには、今の自分の体のことを知ることは非常に大切なことです。

今の体の状態を知らないと、どこを改善して気をつけるか分からないからです。
ここではまず、体の基本中の基本である身体組成から見ていきましょう。

身体組成とは、体を構成している要素 のことです。普段、私達が知る“体”とは、頭や胴であったり、内蔵だったりと肉眼で確認できるものですが、最小単位まで突き詰めると、原子レベルに到達します。

それが分子レベル→細胞レベル→組織レベルとなって、個体レベルの「体」ができています。
そして体造りでとても大切な「運動」「睡眠」「食事」の部分である、食やサプリメントがどの部分にどう働き効果を発揮するかは、組織レベル以下のところに関わってきます。

体を構成する組織や細胞などにアプローチかけてこそ、体が成長、改善していきます。
身体組成を測定するにはそれ相応の設備等が必要で、日常的に活用できるものでは無いので
身近にある体重計や簡易的な測定器などを利用して、体の状態を把握する習慣をつけましょう

<Sponsered Link>


個体レベル

組織レベル

骨格筋 脂肪組織 血液 その他

細胞レベル

細胞質 細胞外液 細胞外個体

分子レベル

脂肪 タンパク質 その他

原子レベル

酸素 炭素 水素 その他


体格・体脂肪・除脂肪体重の求め方

BMI・・・世界共通の体格評価法
     (ただし、アスリートの体格をBMIで評価することは難しい
                BMI=体重÷身長
                BMI値 0~18.5|18.5~25|25~
                            やせ型     標準    肥満


体脂肪量
・・・体脂肪の量
         体脂肪量=体重×体脂肪率÷100

除脂肪体重 ・・・脂肪以外の重さ
           除脂肪体重=体重ー体脂肪

まとめ

以上が身体の基本的な仕組みになります。
普段なかなか意識し切れてないことや、難しい部分もあったと思いますが

筋肉をつけて身体を大きくしたい!減量、ダイエットしたい!生活習慣病の予防にしたい!
目的に差異はあれど、共通してとても大事なことなので、ぜひ一度まずは自分の身体を知るところから始めてみてください!
以上筋肉ピエロでしたありがとうございましたm(_ _)m

Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする