コーヒーがトレニーニング効果や運動能力を高めることができる!?その6つの方法とは?

サプリメント
筋肉ピエロ
"Smile Now, Cry Later” 痴れ者!曲者!道化者! 良いこと、悪いこと全部ひっくるめて筋トレにぶつけよ(^q^) 【強くて・動ける・カッコいい体】を目指そう!力こそパワー! 基本筋肉系、筋トレ系が7割、あと適当に3割..!

 

こんにちは!

 

一気に寒くなって、結局夏のが良い筋肉ピエロです( ゚д゚ )

 

今日はトレーニングのやる気や効果に直結する【コーヒー】について触れていきます。

 

高価なサプリメントの購入や特別な物は必要はありません。代わりに、コーヒーポットを火にかけ、ワークアウトの前に温かい一時を楽しんでください。しかしクリームと砂糖は省いてください。

 

コーヒーには天然の覚醒成分のカフェインが含まれているため、安全な代替品となる可能性があります。実際、ブラックコーヒーは人気のあるプレワークアウトドリンクになっています。

 

スポンサーリンク

コーヒーは脂肪を燃焼させ、エネルギーを高めるのに役立ちます

コーヒーに含まれる高レベルのカフェインは、運動中に脂肪を燃焼する能力を大幅に向上させます。さらに、カフェインは食欲を抑制するため、朝にコーヒーを飲むことは、日中の消費カロリーが少なくなることを意味します。 

 

研究によると、代謝の増加の結果として、脂肪の酸化(燃焼)大幅に増加します。これは、コーヒーがトレーニング中および運動後の数時間、より効果的な脂肪燃焼を提供することを意味します。

 

カフェインの推奨事項に関するほとんどの研究は、体重1キログラムあたり5mgから6mgkgです。 

 

150ポンドのアスリート(体重約68キログラム)の場合、適度な投与量の場合、推奨用量はカフェイン約340mgから409mgです。これまでカフェインを使用したことがない場合、推奨される開始用量は、体重1キログラムあたり136mgから204mgまたは2mgから3mgのカフェインです。一杯のコーヒーには約95から100mgのカフェインが含まれています。

 

カフェインは、摂取後約15分以内に血流に含まれます。コーヒーの刺激効果のピークは、カップを飲んだ後40〜80分で発生します。カフェインが血流に入ると、体はいくつかの方法で反応します。血圧と心拍数が上昇し、脂肪の蓄積が破壊され、脂肪酸が血流に放出されます。結果:多くの人が元気になり、素晴らしいトレーニングの準備ができていると感じています。  

 

妊娠中または高血圧、胃酸逆流症、カフェイン過敏症などの病状がある人は、最初に医師に確認せずにコーヒーを飲むべきではありません。
 

コーヒーは新陳代謝を高めます

カフェインは、体がエネルギーを使用または燃焼する速度である代謝率を高めます。研究によると、コーヒーの摂取は、カフェイン摂取中の代謝率の大幅な増加と関連しており、3時間継続します。

 

体は他の薬と同じようにコーヒーとカフェインに反応します。習慣的で大量の使用は逆効果です。この場合、多い摂取ほど良くはなく、素晴らしい結果を得るには少量の摂取で問題ありません。

 

コーヒーは運動能力を高める

国際スポーツ栄養学会の立場によると、「カフェインは、低用量から中用量で摂取すると、さまざまな種類のパフォーマンスを向上させるのに効果的です」とのことです。すでにコーヒーを飲んでいる場合でも、運動する前にコーヒーを飲むだけでは、パフォーマンス能力に大きな違いが生じることがあります。

 

カフェインは、アスリートがより長く、より大きなパワー出力でトレーニングすることを可能にします。カフェインは、持久力レベルと疲労への抵抗力を改善することも示されました。持久力のあるアスリートは、コーヒーの恩恵を大いに受けているようです。

 

コーヒーは、長時間のトレーニング中に、筋肉グリコーゲン(砂糖)の代わりに脂肪貯蔵を使用するように体を刺激します。これにより、働く筋肉を長期間使用することができます。

 

コーヒーと知覚運動率(RPE)に関する研究は、アスリートがコーヒーを飲むと、よりポジティブな運動体験をしたことを示しました。彼らはトレーニングセッション中に倦怠感とモチベーションの限界を感じませんでした。  

 

コーヒーはより良い集中を促進します

コーヒーとカフェインは精神的な集中力を改善することが示されています。カフェインは、脳機能を改善し、記憶と集中に関与する脳の領域にプラスの影響を与えることができる自然な刺激物です。思考が鋭い場合、トレーニングはより生産的かつ効果的になります。

 

高齢者を対象としたある研究では、カフェインが精神的パフォーマンスを改善し、加齢に伴う精神的衰退の進行を抑える可能性があることがわかりました。

 

他の研究では、カフェイン摂取が脳の前頭葉に及ぼす影響を調べました。脳のこの領域は、注意力の持続時間、計画、および集中力に固有のものです。結果は、カフェインがこの領域の脳機能を改善したことを決定しました。

 

別の研究では、アスリートに対するカフェインの認知効果を測定しました。激しいフィットネストレーニングの前にカフェインを消費しているアスリートは高レベルの運動強度を維持する能力を備えた集中力の向上を示しました。これらの結果には、十分な睡眠のないアスリートも含まれていました。

 

コーヒーは筋肉痛を軽減します

9人の女性を対象とした小規模な研究では、2杯のコーヒーを飲むと運動後の筋肉痛を軽減できることがわかりました。これは、激しいトレーニング後の痛みを心配しているアクティブな大人にとって重要な改善です。 

 

カフェインを摂取している9人の男性を対象とした別の小規模な研究では、カフェインは、トレーニング後2日目と3日目に測定した場合、プラセボと比較して、トレーニング後の筋肉痛を大幅に軽減し、回復時間を短縮することがわかりました。

 

上半身のウエイトトレーニングの前にコーヒーを飲む参加者は、最終セットでさらに多くの繰り返しを完了することができました。

 

運動前に一杯のコーヒーを飲むことはトレーニング中にあきらめる傾向がある人を助けるかもしれません。運動は、筋肉にストレスがかかると、痛みを伴う乳酸の蓄積を引き起こす可能性があります。この不快感のために運動をやめる傾向がある人もいます。

 

コーヒーは病気や不調と戦うのに役立ちます

コーヒーには、病気のリスクを減らすことが示されている強力な抗酸化物質が含まれています。抗酸化物質は、体内の炎症を引き起こして病気や病気を引き起こすフリーラジカルを除去することによって機能します。

 

研究によると、 「コーヒーはアメリカの食事における抗酸化物質の最大の供給源の1つを提供します。」 

 

コーヒーとカフェインの健康上の利点は、病気の予防に関連しています。研究によると、コーヒーは炎症を抑え、パーキンソン病を助け、特定の癌の発生率を下げることが示されています。また、胆石の発生を抑える可能性があります。

 


サントリー コーヒー クラフトボス 無糖ブラック 500ml×24本

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました