【ダイエット・減量】筋トレをやりながら効率良く、効果的に身体を引き締める方法

Sponsor Link
減量

新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

 

今年も【強くて・動ける・カッコいい体】を軸に精進していきたいと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋トレだけでは痩せない!?むしろ太くなる??

まず初めに、筋トレと言うのはあくまで筋肉を付ける作業です。

 

なので、例えば太っている人が普通に筋トレをします。

 

太っている人が筋トレをしたら、「筋肉が増えて,脂肪はそのまま」

 

なので、単に筋肉の分の体重が増えて終わりと言うことになってしまいます。

 

ですから特に引き締めたい方は、ダイエットも並行して行わなければいけません。

 

もちろん筋肉そのものが、底上げされて増えていけば代謝があがります。

 

代謝があがることによって自然に体脂肪が減り、そもそも体脂肪が付きにくい体にさせてくれます。

 

ただし、ダイエットを併用させないと結局筋トレをして、食事量がもし増えてしまえば全然ダイエットできないことになってしまいます。

 

そうすると、筋トレしても全体的にたくましくなって終わり、みたいな感じになってしまって恐らく本来の目的が達成されないと思います。

 

ですので、引き締めたいよ!と言う場合は筋トレする以上にダイエットも一緒に行わなければなりません。

 

筋トレと減量・ダイエットどっちが先??

この場合は、まず筋トレを行って全体的に大きくしてからダイエットしても良いですし。

 

逆にダイエットして引き締めてから、筋肉を増やしていくと言う方法でもどちらでも良いです。

 

ただし、先に筋肉量を増やしたほうが代謝があがります、そうするとダイエットの効率も良くなります。

 

ですので引き締めたいという方は、まず普通にトレーニングを行い筋肉と脂肪を両方増やしていきます、一時的に体重が増えてしまって「あれ?」と思うかもしれませんが

 

その状態で筋トレを継続してダイエットを行えば、筋肉が更に増えて代謝が上がりますのでダイエットも成功しやすくなり体脂肪も落ちやすくなると言うことになります。

 

ですので、引き締めたい方はどちらにしても筋トレはしっかり行ってください。

 

それと同時かもしくはその後でダイエットをちゃんと行うというようにしてみてください。

 

筋トレすると体重が増えてしまうから嫌だというように、毛嫌いするのではなくダイエットの質を高めるためにも筋トレは最初にしっかりと行うようにしてください。

 

力や筋肉のサイズだけではなく、見栄えも同時に気にするのであれば、有酸素系も取り入れてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました