【プロテインは何故必要なのか?】筋肉への効果や効能、選び方のポイントなど

スポンサーリンク

こんにちは!

ピエロを愛しピエロに道化された筋肉ピエロです(゜o゜

さて、トレーニングをしている人でしたら、ほぼ間違いなくプロテインを飲んだことがあると思います。

今回は何故、そのプロテインが必要で、筋肉に良いのか、プロテインの選び方について触れていきたいと思います。

プロテインはなぜ筋肉に良くて効くのか

Sponsered Link

まず初めにプロテインなんですが、なぜ必要なのかと言うと

通常の人にとってタンパク質というのは、体重1kgあたり1gぐらい摂取すれば十分です

例えば、体重70kgの人であれば、1日70g摂取すれば十分なんですが

筋トレを行っている人ですと、それでは足りません。

なので、トレーニングを行っている人は、体重1kgあたり2~2,5g以上は最低でも必要になってきます。

ですので、体重70kgぐらいの人であれば、1日140gのタンパク質は必要最低限になってくるのです。

ただ、純粋な食事から摂取できるタンパク質はせいぜい80~90gぐらいです

頑張ってお肉や魚や高タンパク質な物を食べて、1日100gぐらいだと思います。

ですから、食事だけでは十分なタンパク質は補えきれないと言うのが現実です。

なのでそれを補うと言う意味でプロテインは必要になってきます。

しかし、補うだけではなく、プロテインそのものにも大きなメリットがあります。

食事とかだけですと、余計な脂質や脂肪とかも含まれていてカロリーも余計に摂取してしまうと言うことになります。

タンパク質をメインに摂取したいのにも関わらず、実は脂質や脂肪を摂っていたということにもなりかねます。

そういうことで、タンパク質のみをメインで摂取できるプロテインが効果的であり、必要なにってくるのです。

プロテインのメリット

プロテインのメリットとして、なにより重宝されるのは消化吸収が良いことです

例えば、1日タンパク質を140g摂取しようとすると、かなりの量の食事をしなければなりません。

そうすると、胃腸などの内蔵への負担もかなりキツイものになってしまいます。

しかし、プロテインであれば粉末を水や牛乳などで溶かして飲むだけですので、要はドリンクですよね。

ドリンクなので胃腸などへの負担はほぼかかりません。胃腸などへの負担がかからないと言うことの他に、消化吸収の早さが非常に重要です。

Sponsered Link

消化吸収の早さが何故大事かと言うと、ホメオスタシスというものが鍵になってきます。

人間の身体の中ですと、体温とか血糖値とか血圧とか通常であれば大体一定の範囲内に収まっています。

だいたい、一定の状態に身体の状態を抑えることをホメオスタシス(恒常性の維持)と言います。

筋肉が増量する時もそれと同じで、血液中のアミノ酸濃度が一気に増えるとそのホメオスタシスを変えることができます。

つまり通常の状態ですと血液のアミノ酸濃度、あまり変わらない、それはホメオスタシスの範囲内です。

肉とか魚とかを食べても、ゆっくり吸収されて、ゆっくりレベルが上がって、またゆっくり下がっていくと言う感じですから、ホメオスタシスの範囲内で血中アミノ酸濃度が推移していくわけです。

けど、プロテインですと消化吸収が早い分、常のレベルを超えて血中アミノ酸濃度が急激に増加して、この時に筋肉のタンパク質が合成されやすくなると言うことです。

つまり、消化吸収が早いことによって身体のホメオスタシスを打ち破って筋肉を作っていくと言うことも、プロテインのメリットの一つになります。

プロテインの選び方

市場には数多くの種類のプロテインが出回っていますが

どんなプロテインが良いかと言うと、通常であればホエイプロテインです。

それが筋肉を作っていくにはベストだと思います。

なぜかと言うと、ホエイプロテインにはロイシンと言うアミノ酸が多く入っています。

アミノ酸には数多くの色々な種類があるのですが、特にこのロイシンと言うアミノ酸は筋肉のタンパク質を合成するシグナルを送ってくれます。

筋肉の維持や増大に強力に効くとされるLロイシンだけを摂れるパウダー。

筋肉の維持や増大に強力に効くとされるLロイシンだけを摂れるパウダー

筋肉にタンパク質を合成しろと言うシグナルを送ってそして、残りのタンパク質が筋肉を作っていくと言う流れになります。

シグナルを送るロイシンホエイプロテインには非常に多く含有されています。

他の例えば、大豆プロテイン(ソイプロテイン)とか、ビーフプロテインとかガゼインプロテインなど色々な種類のプロテインはあるんですが、特にホエイプロテインがロイシンの含有量では1番です。

ということで、筋肉を増やすにはホエイプロテインがベストチョイスだと思います。

しかし、減量などの時や腹持ちを重視するのであれば、ソイプロテインガゼインプロテインも選択肢に含んでもいいと思います!

Sponsered Link

WPIホエイプロテインパウダー。引き締まった筋肉の維持、ワークアウト時の栄養補給に有用。クッキー&クリーム味で低炭水化物、低脂肪となっており、罪悪感なく甘いものへの欲求を満たせます。

WPIホエイプロテインパウダー。引き締まった筋肉の維持、ワークアウト時の栄養補給に有用。クッキー&クリーム味で低炭水化物、低脂肪となっており、罪悪感なく甘いものへの欲求を満たせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク