【ボディメイク】夏に向けて腹筋を6パックに割る効果的な鍛え方

こんにちは!筋肉ピエロです(゚∀゚)b

皆さん去年の夏は満喫できましたか?ビーチで鍛え込んだ体で周りの視線を独り占めできましたか!?

去年の夏は減量やダイエットが間に合わず、不完全燃焼で終わらせてしまったと言う方は是非、今年はバキバキに割れた腹筋で男も女も見惚れる、6~8パックを作り上げましょう!

自分も去年の夏は絞り込みが甘くなってしまって、少し脂肪ちゃんが乗っかってしまってる状態だったので、現在進行中のバルクアップは夏が終わるまでは程々にしつつ、今月から週1で有酸素の日を設けることにしました!

さて、ここで基本的に私がお腹周りの脂肪を削る、絞る、仕上げる、割る為に行っているトレーニング、食事の一部を実際の経験等を交えて紹介したいと思います。

Sponsered Link


早朝ランニングで最速に効果的に脂肪燃焼ができる

自分がお腹周りのトレーニング、食事とかで色々試してみたが、現時点ではこれが一番の脂肪燃焼効果の高い方法だと思っています。「なんで朝なの?夜はダメなの?」と思われるかもしれないですが、それにはちゃんとした理由があるんです。

夜はどうしても胃の中に内容物が含まれてしまっている状態なので、この状態では糖質でのエネルギー消費になってしまって、脂肪燃焼と言う意味では効率が悪いのです。

早朝(起きて間もなく)では胃の中が一日の中で限りなくクリーンな状態で、直接脂肪燃焼にアプローチできる状況なのです!

しかも、ランニング後しばらくは体が脂肪燃焼しやすい状態にもなっており、早朝から太陽を浴びたことにより成長ホルモンも活性化されて、まさに一石二鳥もいいところです。

ランニングとは言いましたが、難しいようでしたら早歩き、息がハアハア言うぐらいのペースであれば問題ないです。その状態を最低でも20分位上は継続して行ってください。

ちなみに私の流れ的には、週一(土曜日)に5時に起き、必ず水をコップ一杯は飲み(ランニング中は1LのペットボトルにBCAAをいれて補給している)起きたてで頭も体もまだ眠っている状態なので、ストレッチをやり、しっかり関節、筋肉がほぐれてきたら走り始めます。約7kmを走り、公園で懸垂などをやり、クールダウンしてから帰路につきます。

効果はあるがメリット、デメリットを把握した上で行ってください

メリット
個人差はあれど確実に効果がでる
・一日を通して脂肪燃焼しやすい状態なる
・気分、精神面の向上改善にも繋がる

デメリット
・単純に朝が辛い
・起きてすぐなので心臓、関節、筋肉により気を使う
・朝は寒いからランニング中トイレが近くなる(笑)


極端な食事制限は逆効果

まず誰もが減量、ダイエットとなったらここから、これだけを無理に始めてしまう方は多いんではないでしょうか?基本的に食事は・Pたんぱく質(protein) ・F脂質(fat) ・C炭水化物(carbohydrate)でコントロールします。

よく巷で流行っている過剰な糖質制限はまったくオススメしません。何故なら炭水化物は力の源だけでは無く、脳の栄養源であり、これを極端にカットしてしまうのは様々な悪い症状のキッカケになってしまします。例えば脳の萎縮うつ病記憶力や集中力が低下して疲れが取れにくくなるなどです。そして最悪なことに、リバウンドと言う形で戻ってきます。

私も格闘技の試合で一ヶ月で12kg落とした事がありますが、当時はただ食事をカットすれば良いと言う認識だったので、力は出ないわ、集中力の欠如はあるわ、リバウンドがすごいわで散々でした(;_;)笑

あくまで、自分の総摂取カロリーを把握して、単純に摂取カロリーより消費カロリーが上回れば脂肪が削れていきますから。

ただ現実はこんな簡単にスムーズにいかせてくれないので、まずは普段の食生活で無駄を省く所から始めましょう!例えばジャンクフード、お菓子、お酒など制限できるものは必ずあります。

厄介なことに体に悪い物は大体、美味しくてオマケに高カロリーなんです(´;ω;`)
いくら理想の体の為にはと言っても、無理して余計なストレスためてしまったら本末転倒ですからね。

ここで、自分の減量期、ダイエットの時の例を紹介します。

Sponsered Link

しっかり食べて、ガッツリトレーニングをする

当たり前なんですが、ただこれだけなんです。

・食べるだけでトレーニングしなければ太る。
・食べないでトレーニングすれば筋肉は痩せ細り、脳、体に不健康。

要するに、食べたら食べた分以上の運動をしてあげれば、脳にも体にも筋肉にも良い状態でアプローチできるということです。

特に意識して貰いたいのは、増量期でも減量期でもタンパク質はしっかりとってください。
タンパク質が足らなければ筋肉の成長の促進に繋がらないので気をつけてください。

食事で摂取仕切るのは難しいのでプロテインなども上手く活用していきましょう。
タンパク質が豊富な代表的な食材は・卵の白身・ささみ(胸肉)・赤身 ・ヨーグルトなどが挙げられます率先的に普段の食事に取り入れてみてください。

炭水化物は意識しないと摂りすぎてしまって脂肪として蓄えられてしまうパターンがほとんどなので、一回の食事でまとめて摂らずにこまめに小分けして、間隔をあけてエネルギーを継続的に体に送ってあげられるようにしてみましょう。

そして脂質も人体になくてはならないものですが、「何から摂るのか」「どれだけ摂るのか」が重要になります。自分は脂質はアーモンドなどのナッツ類から補給しています。
すごく栄養価も高く、ビタミンも豊富で万能です。ただ食べ過ぎたらカロリーが高いので気をつけてください。あと、普段の料理で油を使わざるを得ないならオリーブオイルなどで代用するのも、長い目で見ると大きなアドバンテージになります。


減量期の私の例
朝:しっかり食べる(トマト、バナナ、オートミール、アーモンド、プロテイン等)

昼:ガッツリ食べる(パスタ、牛丼、海鮮丼等)

間食:プロテイン、卵(白身)、アーモンド2~3粒

夜:小ぶりの茶碗にご飯一杯、おかず、(りんご、トマト、アーモンド2~3粒)

就寝前:プロテイン

ざっと、一部ですが大体こんな感じです、メニューよりも特に大事なのが朝、昼は基本しっかり食べてください。そして夜は控えてください。ほんとこれだけです、掘り下げたら細かい事は出てきますが、自分の減量期の食事はこんな感じですが確実に毎回、筋量も筋力も必要最低限の減少のみで留めることができています。

このパートで言いたかったことは、食事はしっかり食べて、食べた以上に筋トレ、運動をする!まずは夜は少し減らしてみるか!って所から徐々に始めてみてください。


まとめ

十人十色、千差万別でどれが正解でどれが不正解なんて分からないしありません!
ただ、まずは効果や体感した人が多い事を取り入れてみる、やってみると言う心構えが大事だと思います。色々一通りやって実践してみて、シラミ潰しで自分に適した方法を手探りで探してみてください!

その中で学んだことや、失敗したことがなにより質の良い教科書に出来上がるので、まずは思ったら吉日で考えるより行動に移してみてください!
今は調べればいくらでも良質なサイトや記事などが見つかるので、その中でこの人の真似してみよ~、とかで良いと思います!

夏に向けてバキバキに割れた腹筋、絞れた体のボディメイクにぜひお試しください!
どうもありがとうございました!筋肉ピエロでしたm(_ _)m



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする