【格闘技】パンチ力を付けるテクニックとトレーニング方法

こんにちは!梅雨時でジメジメしていて、ただでさえ汗っかきなのに私だけ滝のような汗をかきながらトレーニングしている筋肉ピエロです(笑)

グラップリング(寝技)は練習して練習して努力した分、上手く強くなれますが

打撃も当然その通りですが、しかし打撃に関してはある程度の腕っ節と打撃を恐れない気持ちがあればそれだけで、そこそこの所まで行けます。

当て感とハートが強ければなんとかなっちゃいます実際のところ。
細かい技術とかこうきたらこう!と言うセオリーな動きの習得も大事ですが

人によっては細かい技術を習得しないで、素材のままの動きを大事にした方が良いパターンもあります。

要はざっくばらんに言ってしまうと。
グラップリング:途方もない練習の量と経験がものを言い、続けていれば誰でも強くなれる可能性がある。

打撃:天性の当て感や打撃を恐れない気持ちの強さがとても大事な要素になる。どんなに強い腕っ節を持っていても、打撃を貰うことを恐れて、打ち返せないとダメです。
折れない心、気持ちの強さがとても大切になります。

Sponsered Link

パンチ力を付けるためにまずはここを鍛えよう

これを言ってしまっては元も子もないんですが、格闘技ジムに通いスパーリング、サンドバック、ミットをプロの選手に教わってやるのがもちろん1番です。

しかし、近くに格闘技ジムがない環境や、ちょっとそこまでは…って思われるかもしれないので、自宅などでできるトレーニングなどを紹介したいと思います。

拳、手首から前腕にかけて鍛えよう!

どんなに強いパンチを持っていても、最終的にその衝撃を直に受け止める拳と手首が弱ければ速攻ケガに繋がります。
最悪、拳に関しては小指の骨折、手首なら腱鞘炎などの大きなケガを誘発しかねません。

パンチは人差し指、中指の拳で殴るようにしてください。間違っても小指から当たるような事はしないでください。すぐに折れたり、重度の捻挫になります。

サンドバックを殴りまくるのが1番ですが。それ以外で私が行っていることは拳腕立て伏せ
素手または軍手などをして電柱や硬いものを殴っています。

手首も拳と同等、それ以上に鍛え込む必要があります。
特にフック系で痛めてしまうことが多いです。

手首を鍛える王道のトレーニングとしては、リストカール、リバースリストカール、ハンドグリップが挙げられます。実際にこれらの種目をじっくり丁寧にネチネチやり込むのがとても
大切になると思います。

私は手首に関してはハンマーで上下左右鍛え込んでいます。
ハンマーはホームセンターや建材店で買うことができます。背中も鍛えることが可能なので
滅茶苦茶オススメです!

肩、背中、肩甲骨周りがパンチ力の原動力を生む源

なんと言っても共通して言えることが、パンチが強い人は背中が発達しているし、背中が発達している人はパンチが強い傾向が強いです。

格闘技だけに限定しなくても、強い身体を作るなら身体の裏面が間違いなく1番大事なので
鍛えやすく楽しい前面よりも念入りに鍛え込みましょう。

そしてインパクト時に強い衝撃を受け止める最後の砦になるのが肩です。
肩はとても不安定な部位で簡単に靭帯損傷してしまったり、脱臼してしまので柔軟性と肩周りの筋肉を強化する必要が大事です。

背中のトレーニングは懸垂、ワンハンドロウ、デッドリフトをオススメします。
特に懸垂はぶら下がれる高さがあればどこでもできるので、何回もひたすらやり込むのがポイントです。

肩のトレーニングは壁に倒立しておでこを付ける倒立腕立て伏せが非常に良いです。
自宅でできて強度のあるトレーニングになるので最高です。
それプラス、チューブなどでインナーマッスルにもしっかり刺激をいれましょう。

全てのパワーの発信源となる下半身と腰

極端なことを言えばパンチは下半身で打ち、キックは上半身で打つと言う感覚です。
下半身の力を腰→背中→肩→拳に伝えることが強くて、無駄のないパンチを放つ大前提になります。

土台(下半身)が弱くてフラフラしていては力は半分も出しきれません。
この土台がシッカリして初めて上記で紹介した事が活かされることになります。

下半身は普段から全体重を支えているので、より筋繊維などを発達させるのは大変ですが
どのスポーツでも下半身が命なのでキツイですけど歯を食いしばって頑張りましょう!

連動性、実用性を養いたいので、オススメのトレーニングとしては
ダッシュ&ラン:ランニング中にダッシュを取り入れます。距離としては30~50m終わったら通常通りランニングに戻します。100m~200m走ったらダッシュの繰り返しです。

ジャンピングスクワット:全力で高く飛びます。単純ですがとてもキツくて脚がガクガクします。自分の現在持っている筋力を最大限に引き出すトレーニングになるので定期的に取り入れましょう。

クイック反復ジャンプ:膝上程のベンチ台や石段などにジャンプを繰り返します。ポイントは着地したらすぐにジャンプすることです。瞬発力を養うので率先して行いましょう。

おわりに

筋トレだけじゃなくて新しい刺激などが欲しい方は格闘技などで行う極一部のトレーニングですが、ぜひ取り入れてみてください!魅せるカッコイイ身体だけでも勿論良いのですが私としては男は強くて逞しくてなんぼ!だと思っているので、強くて、動けて、カッコイイ身体
欲張って手にしましょう!

誰かが言っていた名言(迷言?)
「何かが怖くてどうする?アイツが怖くてどうする?足踏みしてるだけじゃ進まない」

以上筋肉ピエロでした!ありがとうございましたm(_ _)m

Sponsered Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする